イッヌとチッビと私。

4月から武蔵美通信課程を受講します。現講師の私の日々。愛犬ヨークシャテリア♂2匹飼ってます。

2019.1.14 あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

そういえば…

 


昨年の6月に行ったスクーリングについて書いていなかったので…今更ですが…

 


6月は2つのスクーリングに行きました。

 


まず1つ目は

「造形基礎Ⅱ」で

黒い四角をデッサンする

と言った課題。

 


初めてのスクーリング、しかも泊まり。

仕事が終わってから、すぐに家を出発。

 


行ったこともないキャンパスに無事に辿り着けるか心配で早めに行きました。

 


重いパネルを抱えていくのは大変でした…

 


そして始まった黒い四角を描く…

 


デッサンっていつぶりだろう…

なんて思いながらも、長い時間の中でどこまで自分とパネルと四角と向き合えるかの戦いでした。

 


完成した作品がこれです

f:id:bigshirotan1215:20190114111811p:image


うーん…

 


と自分で唸ってしまうほど、

 


上手くできたかといえばやはり自信ないなぁ…と思いました。

 


教授からは、下の布を上手く描けましたね。

…とその他にも講評して頂いたのですが…

(ごめんなさい)

 


2つ目は「造形基礎Ⅲ」の

感情と色彩表現

 


これもまた重いパネルを抱えての登校でした。

それにプラスして絵の具も持ち歩かないと行けなかったことはかなり辛かったのを思い出します。

 


色々なモチーフを見て、まずスケッチブックに構想を練っていくつか壁に貼り付ける、という作業からでした。

 


私は「綿」から「綿あめ」「金平糖」などを想像してパネルに描いていきます。

 


筆を活かして作っていく模様にハマってしまい、作業に集中していました。

 


完成した作品はこれです

 


f:id:bigshirotan1215:20190114111822p:image

 


教授から講評いただいた内容は、これまた詳しく思い出せ…(ごめんなさい)

 


ただ下書きの時にバックの線がユラユラしていたのは表現した方が良かったかな?というのは覚えています。

 


マスキングテープを貼って模様を作ることに楽しさを覚えて作業していたので…

あれを剥がす瞬間が良いんですよね

 


…とそんな具合で。

 


成績も無事に着いてホッとしてから、夏のスクーリング(前回記事)に向かった、

 


そんな6月のスクーリングでした。